世界樹の迷宮5 体験版範囲内での職業別育成・運用考察「ウォーロック」編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界樹の迷宮Ⅴ 長き神話の果て
世界樹の迷宮Ⅴ 長き神話の果て

世界樹5、体験版範囲内から考える職業別育成運用スキル振り
今回は「ウォーロック」についてまとめます。

体験版範囲内から推察する育成・運用方法になります。
スポンサーリンク

ウォーロック

1:スキル

  • 高速詠唱
    • 習得すると詠唱:~系をスキルの消費TPが増える代わりにターンを消費せずに使えるようになる
      • パッシブスキルなのでLV1以上にすると常に発動状態になる
    • LVによる消費TP増加分は15、13、11、9、5と推移
      • どうせ取るなら5まで上げた方が良い

  • ファイアボール
    • 敵一体に左右に拡散する遠隔炎属性攻撃
      • 拡散した攻撃はターゲットに対する攻撃の50%程のダメージ

  • アイシクルランス
    • 前後の二体を貫通する遠隔氷属性攻撃

  • ライトニング
    • 敵一列に遠隔雷属性攻撃
      • ダメージ倍率は一律
    [魔法三種類の倍率]
    それぞれLV1での威力を基準とするとLV10で約2倍の威力。
    威力はファイアボール>アイシクルランス>ライトニングの順。

  • アンブリファー
    • 3ターンの間、味方一列の魔法属性攻撃力上昇
    • LV10で約1.4倍
    • 魔法以外の炎・氷・雷属性攻撃(フェンサーのチェインファイアなど)の威力も上昇する

  • マジックシールド
    • このターン、味方全体への魔法属性攻撃を軽減
      • LV10にすると約25%程まで軽減することが可能

  • 詠唱:圧縮術式
    • 次行動時に使用するマギスキルの範囲が敵1体になる代わりに威力上昇
    • 威力増加はLV1で約1.6倍、LV10で約2.2倍

  • レビテーション
    • 一定歩数の間、ダメージ床によるダメージ無効化、先制率の上昇
    • LV10で効果歩数250まで上昇

  • インビジブル
    • 一定歩数の間、エンカウント率低下
    • LV10で効果歩数250まで上昇、LV10まで上げるとエンカウント率が目に見えて低くなる

2:育成方針

    高速詠唱を習得することで詠唱にターンを消費しなくなる。
    ただその分消費TPが増えてしまうので、習得するなら一気にLV5まで上げてしまおう。

六属を操る導師

万能型

    炎・氷・雷に加えて斬・突・壊の物理属性攻撃も習得できるようになる。

    達人スキルは3ターン後のターン開始時に敵1体に遠隔壊攻撃、たまに石化効果が発動する「アルター」や、敵全体に一定確率で腕封じ効果が発動する全体遠隔斬攻撃の「ウィンドストーム」などを習得できる。

    全属性攻撃を扱えるようになるので、どのような敵に対しても有効な攻撃手段を持つ
    常に安定した火力を発揮することができる。

    各属性攻撃スキルを満遍なく習得していこう。

ととねこ
どのような相手にも有利な攻撃属性を持つ安定型

炎と氷と雷の支配者

属性特化型

    炎・氷・雷の三属性を更に強化、属性攻撃のスペシャリスト。

    達人スキルは敵全体に遠隔炎攻撃を放つ「エクスプロード」や敵全体に遠隔氷攻撃を放つ「アイスストリーム」などを習得できる。

    達人スキルで上位スキルを習得できるようなので、ファイアボールなどの下位スキルへのポイント振りは控え目でいいかも?
    魔法属性の威力を上げるアンブリファーは確実に習得しておこう。

くろねこ
魔法三属性に特化した火力型。
強力な全体攻撃を習得できるので雑魚敵処理にも強そう。

sq5matome

スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする