この物語は世界の終焉から始まる。PS4「Everybody’s Gone to the Rapture™ -幸福な消失」レビュー【PSPlusフリプ感想会】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

s_Everybody's Gone To The Rapture3

2017年1月のPSPlusフリープレイとして提供されている、PS4「Everybody’s Gone to the Rapture™ -幸福な消失」をプレイしての感想、レビューを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Everybody’s Gone to the Rapture™ -幸福な消失

s_Everybody's Gone To The Rapture4

メーカー The Chinese Room
ジャンル アドベンチャー
ハード PS4

イギリスのデベロッパー「The Chinese Room」によるPS4向けのアドベンチャーゲームです。

ゲーム概要

s_Everybody's Gone To The Rapture1

1984年、イギリスのシュロップシャーにある農村から住民や滞在者が全員消失した。プレイヤーは誰もいなくなった村“ヨートン”を訪れ、色々な場所に残された、人々の“想い”を見つけだしてゆく。消失した人々の“想い”を聞くことにより、“世界の終り”の謎を解き明かし、終末のドラマを再び体験するアドベンチャーゲーム。

引用:PlayStation.com製品ページ

プレイヤーは人々が消失した村”ヨートン”に残された記憶を辿り、自分が消失するまでの時間を過ごします。

美しいグラフィックで再現された1980年代のイギリスの農村を探索し、残された記憶の断片を見つけてこの村で何が起きたのか、人々の想いを見つけましょう。


良かった点・悪かった点

○:美しいビジュアルとサウンド

    本作の特徴はグラフィックとサウンドによる、何とも言えない儚い雰囲気でしょう。
    人が一人もいない村を探索し、風景を眺めるだけでも結構楽しめます。

    ととねこ
    グラフィックと共にサウンドも素晴らしいですね。
    環境音も凄いと思った。


○:儚い、不思議な雰囲気

    プレイヤーはイギリスの田舎村で起きた事件を追体験するという形で、何が起きたのかを調べていきます。
    このゲームには人が登場しません、そこにあるのは直前まで人が住んでいたかのような痕跡と人々の想い、記憶だけです。

    田舎町の空気感、人がいなくなった奇妙さなどが良く表現されています。

    くろねこ
    良くも悪くも雰囲気ゲーですね。

    s_s_Everybody's Gone To The Rapture5


×:移動速度が遅い

    各所で言われている事ではあるのですが、とにかく移動速度が遅いです。
    本作をプレイする前から「遅い」という情報は目にしていたのですが、実際にプレイすることでほとんどのプレイヤーが遅いと言っている理由が良く分かりましたw

    くろねこ
    R2押しっぱなしでダッシュ(小走り?)出来ますが、それども遅いですね。
    せっかちな人は絶対に耐えられないレベルですw

    ゲームの雰囲気として全力ダッシュするのも違うとは思いますが、やっぱり遅いですよね…。

    あと移動速度の遅さが気になる要因として、「移動速度に対してマップがデカ過ぎる」があると思います。この移動速度が譲れないなら、少なくともマップの大きさを調整するべきじゃないかなぁ。

    ととねこ
    でなければ、1回クリアすると更に速いダッシュが解禁されるとかが欲しかったですね…。
    くろねこ
    繰り返しプレイすることで面白さが出るゲームのような気がするけど、移動速度がそれを邪魔しますね…。

まとめ

s_Everybody's Gone To The Rapture2

  • 雰囲気、グラフィック、サウンドは高感触
  • 考察することが好きな人向け
  • 移動速度の遅さが致命的
  • 明確な答えが欲しい人には×

プレイヤーの行動によってストーリーが変化するゲームではなく、謎解きといった要素もないのでゲーム性は低いです。
探索して、村で一体何が起きたのかを考え、想像して楽しむゲームです。

ととねこ
率直にいって「面白くない」ってことはないですが「それほど面白くもない」といった感じでした。
フリープレイとしてならば、遊んでも損はしないと思います。
くろねこ
結構好き嫌いが分かれるゲームですね。
◆関連リンク
Horizon Zero Dawn 初回限定版 - PS4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017-03-02)
売り上げランキング: 19
スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『この物語は世界の終焉から始まる。PS4「Everybody’s Gone to the Rapture™ -幸福な消失」レビュー【PSPlusフリプ感想会】』へのコメント

  1. 名前:pat 投稿日:2017/02/06(月) 20:59:09 ID:6d23badbd 返信

    教会(夜)を出たところで迷うこと2、3分(汗)
    あそこだけ光粒不足な気がしました。

    • 名前:totoneko 投稿日:2017/02/06(月) 22:09:55 ID:f56f4fbf3 返信

      ちょっとマップが覚えにくいゲームですよね。
      夜間は星の光や光粒があっても更に分かりにくくて迷っちゃいますね。

  2. 名前:san-san_ 投稿日:2017/02/07(火) 00:11:36 ID:6808b5778 返信

    雰囲気ゲーはそれほど好きではなかったのですがこのゲームはハマってしまいました
    移動速度も自分はダッシュを使えばそれほど気にならなかったですし
    ただ全回収のトロフィーが取れなかったのが心残りですね

    • 名前:totoneko 投稿日:2017/02/07(火) 01:26:56 ID:a56f2448a 返信

      移動速度に関しては初回プレイでは許容できましたが、トロフィーを取るための2周目プレイ時がキツかったですね…。

  3. 名前:チャチャンカ 投稿日:2017/02/07(火) 16:05:34 ID:24e3cae00 返信

    私はマップの広さと終わりの見えなさに嫌になって途中で投げてしまいました、、
    雰囲気ゲーならgone homeの方が個人的に好きです

    • 名前:totoneko 投稿日:2017/02/07(火) 18:55:55 ID:a56f2448a 返信

      ちょっとマップが大きすぎる気がしますね。
      移動速度も相まって途中で投げてしまうのも無理はないと思います。