【新作ゲーム紹介】PS4/Switch『鬼ノ哭ク邦』など、2019年8月第4週の注目ゲームタイトルを紹介!

シェアする

s_20190818-9

この辺から注目作品がどんどんリリースされていきますね

スポンサーリンク

新作ゲーム紹介

パッケージタイトル

08/22

DL専売

08/19
ハード
タイトル 公式 ジャンル
PS4
BEATS FEVER VRリズムステージ link リズム
08/21
ハード
タイトル 公式 ジャンル
PS4
Black Desert(黒い砂漠)デラックス/アルティメット エディション link MMORPG
08/22
ハード
タイトル 公式 ジャンル
NSW
パワルミ link STG
NSW
エバーダークの時計塔 link RPG
NSW
となりに彼女のいる幸せ ~Two Farce~ link ADV
NSW
ダンジョン・ウォーフェア link TD
NSW
おしゃべり!ホリジョ!撃掘 STG
08/23
ハード
タイトル 公式 ジャンル
PS4
Black Desert(黒い砂漠)スタンダードエディション link MMORPG
NSW
グルガモス link ACT

作品紹介

パッケージタイトル

PS4NSW鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)
鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)- PS4
  • スクウェア・エニックス
  • 価格   ¥ 5,166 ¥ 6,264
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックしてチェック

スクエニのスタジオ「Tokyo RPG Factory」が手掛ける最新作。

現シ世と幽リ世を行き来し迷える魂(迷イ人)を救う逝ク人守リ「カガチ」を主人公とした命の物語と、鬼ビ人(いわゆるジョブのようなもの)をリアルタイムで切り替えながら戦うバトルが特徴のアクションRPGです。

PS4/Switch版共に製品版へセーブデータを引き継げる体験版が配信中なので、気になる方はそちらもチェックしておきましょう。

鬼ノ哭ク邦 体験版:PS Store
鬼ノ哭ク邦 体験版:My Nintendo Store

 


PS4TOKYO CHRONOS (PSVR専用)
TOKYO CHRONOS (PSVR専用)- PS4
  • MyDearest株式会社
  • 価格   ¥ 4,105 ¥ 4,981
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックしてチェック

時が止まり更に人が誰もいなくなった渋谷に閉じ込められた8人の高校生たちが、1人ずつ消失してしまうという謎に立ち向かうPSVR専用ミステリーアドベンチャー。

「ソードアート・オンライン」プロデューサー”三木一馬”氏、ミステリー作家”瀬川コウ”など豪華スタッフが集結。
360度の広がりを持つ空間で紡がれる、未体験のVRミステリーアドベンチャーゲームを楽しもう。

 


NSW神獄塔 メアリスケルター2 for Nintendo Switch
神獄塔 メアリスケルター2 for Nintendo Switch - Switch
  • コンパイルハート
  • 価格   ¥ 6,418 ¥ 7,776
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックしてチェック

2018年にPS4向けに発売された。「血」や「狂気」をコンセプトにした3DダンジョンRPG「神獄塔 メアリスケルター2」のSwitch移植版。

死んだはずの少女「人魚姫」と謎の少女「つう」、ナイトメアになった前作の主人公「ジャック」と共に、難攻不落の人間収容所”ジェイル”からの脱獄を目指すことになります。

ととねこ
新要素的なモノはない感じですね。
ちなみにPS4版同様、前作の内容も丸ごと収録しているのでかなりボリュームのある作品です。

 


NSWゲーセンラブ。~プラス ペンゴ! ~
ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ! ~ - Switch
  • メビウス
  • 価格   ¥ 4,113 ¥ 5,800
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックしてチェック

トライアングル・サービスが2012年にリリースした同名のアーケードゲームのSwitch移植版。

プレイヤーの腕前に応じてゲーマー年齢を測定できる『アクション技能検定』と『シューティング技能検定』、マルチ対戦型STG『COMBATZEAL』、SEGAがアーケード用ゲームとして発売した『ペンゴ』のパワーアップ版『ペンゴ!』が収録されています。

DL専用タイトル

PS4BEATS FEVER VRリズムステージ

PSVR専用のリズムゲーム。直感的で簡単な操作性と幻想的で鮮やかなビジュアルにより高い没入感を得られるのが特徴との事。

エレクトロニックやロック、ダンス、ポップ、カントリー、タンゴなど、幅広いジャンルから33曲が収録されています。価格は2,400円。


NSWパワルミ

s_20190818-3

アステカ文化を表現した世界の中で繰り広げられる近代的シューティングゲーム。
性能や属性の異なる3つの武器を切り替えながら戦おう。価格は1,750円。

ととねこ
中々複雑そうではあるがどうなんですかね?

 


NSWエバーダークの時計塔

2~4時間でクリア出来て満足感も得られるという、『獅子王の伝説』に続くケムコの短編RPG第2弾。価格は486円。

s_20190818-4

「クリアしないままゲームを積んじゃうような人」にオススメな作品らしいですが、短時間でクリアできると言われても本当に積んじゃう人は1回も起動すらせずに積むんだよなぁ…。

 


NSWダンジョン・ウォーフェア

ダンジョンの王となり、ユニークなトラップを駆使して押し寄せる大群を迎え撃つタワーディフェンス。価格は990円。

s_20190818-5

オーソドックスなシステムながら物量で攻めてくる敵を処理する気持ち良さ、バランスの良さなどから高い評価を得ている作品です。

くろねこ
タワーディフェンスが好きならオススメ。

 


NSWおしゃべり!ホリジョ!撃掘

穴掘りカジュアルアクション『おしゃべり!ホリジョ!』が横スクロールシューテイングとなって登場。価格は1,200円。

前作同様繰り返しプレイすることでキャラを強化していく形式を採用しているため、シューティングゲームが苦手な人でも遊びやすい作品となっているようです。

 


NSWグルガモス

ステージ上に存在する回転ノコギリなどのギミックを使い相手を倒す対戦飛行アクション。価格は1,085円。

s_20190818-7

ととねこ
1人でもプレイ出来るようですが、基本的には対戦メインの作品かな。

 

まとめ

今回、購入予定ソフトはありません。

くろねこ
「鬼ノ哭ク邦」は多少興味あるけど体験版をプレイした感じでは様子見かなぁ…
ととねこ
そろそろ新作ゲーム発売ラッシュが始まってきた感じですねぇ。プレイ途中の作品をどんどん消化せねば!
スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

フォローする

『【新作ゲーム紹介】PS4/Switch『鬼ノ哭ク邦』など、2019年8月第4週の注目ゲームタイトルを紹介!』へのコメント

  1. 名前:みかう 投稿日:2019/08/18(日) 21:59:43 ID:aff37fa95 返信

    鬼ノ哭ク邦は購入予定でしたがやめました。
    …体験版をやって買うのをやめた人が多いんじゃないかと心配です。

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2019/08/18(日) 23:15:53 ID:44c8fb918 返信

      体験版はちょっと逆効果だったかもしれないですね、消費者的には買う前に判断出来て助かりますけどw