雑記(2019/07/26):『FE風花雪月始めました』『「Touhou Luna Nights」Switch版リリース決定』など

シェアする

20190726-15

教師ととねこ爆誕

スポンサーリンク

雑記(2019/07/26)

東方メトロイドヴァニア『Touhou Luna Nights』Switch版がリリース決定

Steamで配信中の東方二次創作メトロイドヴァニア『Touhou Luna Nights』がNintendo Switchに移植されることが明らかとなりました。年内でのリリースを予定しているとの事です。(Switch版の映像はこちら(Youtube)で確認出来ます)

 
s_20190726-1

本作のSteam版は10万本以上の売り上げを達成し、5000件以上寄せられたユーザーレビューも”圧倒的に好評”と非常に高い評価を得ています。

Steamにて東方メトロイドヴァニア『Touhou Luna Nights』の早期アクセス版の販売がスタート。
ととねこ
Switch版出るんですねぇ
くろねこ
良い作品なので元ネタ知らない人にもオススメ

 

株式会社MAGES. マネジメント・バイアウト(MBO)実施

株式会社MAGES.は、親会社である株式会社ドワンゴが保有する自社の全株式の買い取りを行ったことを発表しました。

株式会社MAGES.のプレスリリース(2019年7月26日 09時00分)株式会社MAGES. マネジメント・バイアウト(MBO)実施のお知らせ

MBOにあわせて、今後はゲーム・音楽などの事業ブランド「5pb.」を順次「MAGES.」に統一してブランディングの強化を図っていくとのこと。

MAGES.はKADOKAWAグループから離れることになりますが、今回のMBOもKADOKAWAグループとは引き続き良好な関係を続けるが前提として行われたものとしています。

ととねこ
志倉千代丸氏による経営判断が早まってよりスピーディーに動けるようになるって感じですね。
くろねこ
フットワークが更に軽くなりますね。

 

ファンタジー農業生活ARPG『Re:Legend』Steamアーリーアクセス版が8月30日リリース決定

マレーシアに拠点を置くデベロッパー「Magnus Games」が手掛ける育成・農業ARPG『Re:Legend』のSteamアーリーアクセス版配信日が2019年8月30日に決定しました。

本作は「ルーンファクトリー」「デジモンワールド」といった日本の作品の影響を受けている、可愛らしいグラフィックが特徴的なアクションRPGです。

プレイヤーは記憶を失った主人公となり、流れ着いたVokka島で野菜や果実を育てたりアイテムを製作しながら自分の村を大きくしていったり、魔法生物「Magnus」を育成しながら失った記憶を取り戻す方法を探していきます。

また、オンラインモードでは最大4人での協力プレイも楽しめるようです。

ととねこ
まだアーリーアクセスの段階なので今後変化する可能性もあるけど、現在のSteam製品ページでは日本語非対応になっていますね。
くろねこ
日本の作品に影響を受けているとの事ですし、日本語も対応して欲しいなぁ

 

Switch「ファイアーエムブレム 風花雪月」始めました

本日(7月26日)はFEシリーズ最新作「ファイアーエムブレム 風花雪月(Switch)」の発売日です。

据え置き機向けとしては実に12年ぶりとなるこの新作ですが、私も早速購入してプレイ開始しました!

20190726-3

ととねこ
難易度はハード・クラシックに決まっているよなぁ!
くろねこ
学級はとりあえず黒鷲にしました。

支援会話も含めフルボイス仕様なのは凄く良いですね。
学園要素は今の所楽しめていますし、面倒って人は最悪日程スキップしちゃえば良いので特に問題はないかな。

ゲームとしては色々要素が増えて複雑化しているので、シリーズ初心者やゲーム慣れしていないとちょっと把握するまで大変かなという印象です。

ととねこ
個人的には主人公はアバターっぽい感じじゃない方が好きなんだけど、こればっかりは仕方ないか

 

新作ゲーム予約開始情報

PS4NSWBloodstained: Ritual of the Night(10月24日)

「悪魔城ドラキュラ」シリーズなどでお馴染みの五十嵐孝司氏(IGA)が、キックスターターで開発資金を調達し4年の歳月をかけ完成させた「Bloodstained: Ritual of the Night」のパッケージ版が日本国内でもついに発売。

本作は体が結晶化してしまう秘術をかけられてしまった主人公ミリアムが、召喚者ゲベルを倒すために城へ向かう探索型アクションRPGです。

PS4新サクラ大戦(12月12日)

太正桜に浪漫の嵐。『サクラ大戦』シリーズの完全新作『新サクラ大戦』発売日が2019年12月12日に決定!

本作は太正二十九年の帝都・東京を舞台に、悪と戦う「帝国華撃団」の活躍を描くドラマチック3DアクションADVです。

主人公率いる「帝国華撃団・花組」が、帝都に現れた降魔や世界の各都市に誕生した華撃団と激突。「アドベンチャー」と「バトル」を繰り返し、ヒロインたちとの絆を育みながらストーリーを進めていきます。

ととねこ
バトルパートがアクションになったのは意外でしたね
くろねこ
賛否両論ありそうだよなぁ
スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

フォローする

『雑記(2019/07/26):『FE風花雪月始めました』『「Touhou Luna Nights」Switch版リリース決定』など』へのコメント

  1. 名前:ぴざ 投稿日:2019/07/27(土) 01:39:29 ID:0c485351e 返信

    FEってあのデフォルメorドット絵のキャラが戦ってるイメージがあるので、今作の等身大のキャラがヌルヌル動くプレイ動画を見てるとなんか進化を感じます。

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2019/07/27(土) 01:53:30 ID:26f4894a2 返信

      なんというかスケール感が増していますよね

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/07/27(土) 03:12:59 ID:02d1b446a 返信

    サクラのバトルパートは何となくPS2のShinobiのような感じがした。
    是か非かは蓋を開けてみないと何とも分からないね。結構いい値段だし、現状は様子見かな・・・。

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2019/07/27(土) 09:14:17 ID:26f4894a2 返信

      まぁバトルパートが一応素晴らしい可能性もありますからねぇ

  3. 名前:匿名 投稿日:2019/07/27(土) 03:38:33 ID:a874ef3b3 返信

    サクラのアクション化は生放送見た感じだと、アクションじゃないと制作を認めないというsegaの偉いさんの圧力を感じました。
    新規ユーザーや海外を見据えた場合、SLGよりアクションというのはわかりますが、旧来のファンとしてはやっぱ残念でした。

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2019/07/27(土) 09:15:31 ID:26f4894a2 返信

      今風ということを考えるとアクション要素が強くなるのは仕方ないのかなぁ。