雑記(2019/07/23):PS4/Switch「鬼ノ哭ク邦」の体験版が配信されたのでプレイしてみました

シェアする

20190723-21

「Tokyo RPG Factory」の最新作です。

スポンサーリンク

雑記(2019/07/23)

PS4/Switch「鬼ノ哭ク邦」体験版配信スタート

スクウェア・エニックスが2019年8月22日に発売を予定しているPS4/Nintendo Switch用ソフト『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』ですが、体験版の配信を開始されました。(Steam版の体験版は明日配信予定)

本作のジャンルはアクションRPG。RPG専門スタジオ「Tokyo RPG Factory」の最新作です。これまで『いけにえと雪のセツナ』や『LOST SPHEAR』を制作してきた所ですね。

【PS4】ロストスフィア
  • スクウェア・エニックス
  • 価格   ¥ 1,300
  • 販売者 Media Trader / メディアトレーダー
クリックしてチェック

 

体験版について

s_20190723-11

体験版は輪廻転生の理を巡る“命”の物語、その序盤を体験できる「ストーリーモード」と、ジョブの役割を担う“鬼ビ人”を4人憑依させた状態でのバトルを堪能できる「バトルモード」をプレイすることが出来ます。

ストーリーモードのプレイデータは製品版へ引き継ぐことが可能です。

鬼ノ哭ク邦 体験版:PS Store
鬼ノ哭ク邦 体験版:My Nintendo Store

 

体験版をプレイしてみました

あらすじ

本作の舞台は死者が生まれ変わる輪廻転生を理とする世界。

死者に対する悲しみは死者をためらわせ輪廻転生を妨げる禁忌とされるこの世界では、彷徨える死者の魂「迷イ人」や残された生者の願いをかなえることで未練を断ち切る逝ク人守リ(イクトモリ)と呼ばれる存在がいる。

主人公「カガチ」はそんな迷イ人の一人であり、輪廻転生の輪に戻すために動いていくがそんな最中、死者のあるところに現れる謎の少女「リンネ」と出会う。

20190723-16

カガチは強力な力を持つ迷イ人である「鬼ビ人(オニビト)」を自分に憑依させて戦います。鬼ビ人はそれぞれに武器やスキルが異なり、戦闘中にいつでも切り替えることが可能です。

20190723-14

「アイシャ」は刀、「ザーフ」は槍といったように憑依する鬼ビ人によってアクションが変化します。
ととねこ
戦闘スタイルを変えながら戦うって感じですね。

20190723-15

それぞれの鬼ビ人にはスキルツリー的な「技奥樹」という成長要素があり、鬼ビ人を使い続けることで手に入るスキルポイント「鬼魂」を振り分けて新たなアクティブスキル・パッシブスキルを習得できるようです。

くろねこ
スキル習得メニューは妙にカッコいい

20190723-12

 

遊んでみた感想

体験版のストーリーモードとバトルモードをプレイしてみての簡単なレビュー・感想です。

  • ストーリーは重い感じでちょっと面白そう
  • 戦闘はやや単調。キャラが成長してスキルが増えていけば印象は変わるかもしれないが…
  • キャラがある程度強くなった「バトルモード」でもそこまで大きな変化は感じられなかったのでちょっと心配。バトルモードの途中で敵を倒しながら進む気になれない程度には飽きてきた

  • スピート感もあまり無い。個々のアクションに少しの硬直があり回避キャンセル的なテクニックもない?(そういうスキルが後にあるかも?)
  • スピード感は求めるべきではないかも?(すごく高機動に動ける鬼ビ人がいるのかもしれませんが。)
    敵の攻撃をしっかり見て戦っていく感じですかね、雑魚は大体ごり押しでOKですが。個人的にはもうちょいサクサク動いて欲しいかなー

  • 逆に言えば気楽に遊べる感じかも(難易度ノーマルでの感想、難易度を上げれば難しくなるかも)
  • ストーリー重視のゲームってことなのかな

  • イベントがフルボイスではない
  • 個人的にはどうでも良いけど、気になる人はいるかと


 
20190723-22

アクション要素はゲーム後半になる程深みが増して面白くなるタイプのゲームかと思うので、体験版の範囲ではその面白さを完全に出し切れていないのかな、という印象です。(徹頭徹尾この感じだったら正直厳しいと思う)

ととねこ
出来る事が少ない序盤のアクションはどうしたって単調になるからね…

幾つか気になる点はありますが、直感的に遊べるアクションRPGなので遊びやすい作品ではあると思います。

くろねこ
実際に始めればダラダラ続けられる気はするし凄いつまらないってことは無いんだけど、ストーリー以外に惹かれる要素があまり無かったので私は様子見かなぁ。
気になっている人は体験版をプレイしてみた方が良いですね。
鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)- PS4
  • スクウェア・エニックス
  • 価格   ¥ 5,166 ¥ 6,264
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックしてチェック
鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)- Switch
  • スクウェア・エニックス
  • 価格   ¥ 5,454 ¥ 6,264
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックしてチェック
スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

フォローする

『雑記(2019/07/23):PS4/Switch「鬼ノ哭ク邦」の体験版が配信されたのでプレイしてみました』へのコメント

  1. 名前:名無し 投稿日:2019/07/24(水) 10:56:59 ID:27a88e80e 返信

    フリプ予想を早く見たい

  2. 名前:はにわ丸 投稿日:2019/07/24(水) 17:57:59 ID:0035e7030 返信

    このジャンルはイースが頭一つ抜けてますよね
    カメラワークや移動速度も参考にして欲しかったです

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2019/07/24(水) 18:43:04 ID:ced34a85a 返信

      ですねぇ。他のアクションRPGを遊ぶとイースの完成度の高さを改めて感じさせますね。

  3. 名前:みかう 投稿日:2019/07/24(水) 18:33:24 ID:38e493785 返信

    まさか体験版を出してくるとは!
    気になってたのでさっそくプレイしてみます!

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2019/07/24(水) 18:43:38 ID:ced34a85a 返信

      アクション要素があるし体験版で手触りを確かめられるのは有難いですね

  4. 名前:匿名 投稿日:2019/07/25(木) 11:49:15 ID:3690163ae 返信

    この体験版をやる前にオーディンスフィア レイヴスラシル をプレイしていたので、頻繁に入るロードと、もっさりとした動きに「これPS4のゲームだよね。PS2じゃないよね!?」とビックリ。
    設定とキャラと音楽はよさげなのに、これじゃあ多少安い価格でも発馬日には買わない。

    • 名前:kuroneko8920 投稿日:2019/07/25(木) 12:11:13 ID:52815eed9 返信

      快適さはちょっとイマイチな感じでしたよね