【新作ゲーム紹介】PS4『グランクレスト戦記』他、2018年6月第2週の注目ゲームタイトル紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

s_20180610-19

一大戦記ファンタジーの世界は新たなRPGの境地へ

スポンサーリンク

パッケージタイトル

6月14日
ハード
タイトル 公式 ジャンル
PS4
グランクレスト戦記 link 戦術級RPG
PS4
スーパーボンバーマンR link アクション
PS4
CLANNAD – クラナド – link 恋愛ADV
PS4
グランド・セフト・オートV:プレミアム・オンライン・エディション link オープンワールド
PS4
NS
Vita
GOD WARS 日本神話大戦 link タクティクスRPG

DL専売

6月14日
ハード
タイトル 公式 ジャンル
NS
アケアカNEOGEO 得点王3 〜栄光への挑戦〜 link スポーツ
NS
アルケミックジョスト link アクション
NS
インナースペース link パズルADV
NS
Dandy Shot link アドベンチャー
NS
ノーヒーローズ・ヒア link アクション
NS
Lanota link 音楽
XB1
スーパーボンバーマンR link アクション

※スーパーボンバーマンR:XboxOne版はDL販売のみ

NS
Dandy Shot
最後の恋は、君と――。
s_20180610-17
恋のお相手はワケありな「オジさま」たちだけな恋愛ADV。
6月15日
ハード
タイトル 公式 ジャンル
PS4
吾妻邸くわいだん link アクションADV

作品紹介

パッケージタイトル

PS4グランクレスト戦記

s_20180610-4

「ロードス島戦記」の水野良が描く、一大戦記ファンタジー『グランクレスト戦記』がPS4でシミュレーションRPGとなって登場。

プレイヤーは主人公のテオとなり、「幻想詩連合」と「大工房同盟」の二大勢力が対立する中、自分だけの軍団を編成して大陸統一を目指すことになります。

s_20180610-6

戦場ではリアルタイムで最大9部隊を指揮することが可能。部隊の役割を考えて指揮を取り、戦場を支配しましょう。
またシミュレーションゲームのように戦いを見守るだけではなく、自らがキャラクターを操作して戦うアクションゲーム要素もかなり強いみたいです。

ととねこ
RTS&アクションって感じですかね
PS4CLANNAD – クラナド –

ブランド「Key」の第三作目である『CLANNAD』がフルHD&5.1chサラウンド対応となってPS4に登場。

「家族」というテーマを通して人と人との絆を描いた壮大なシナリオはそのままに、コンシューマ版最高クオリティのクラナドが楽しめそうですね。

CLANNAD - PS4
CLANNAD – PS4
posted with amazlet at 18.06.09
プロトタイプ (2018-06-14)
売り上げランキング: 504
PS4NSVitaGOD WARS 日本神話大戦

s_20180610-11

本作は2017年に発売されて国内外より高い評価を得た『GOD WARS ~時をこえて~』のいわゆる完全版となります。

これまでにDLC配信された追加シナリオ「日向の未来」「新たなる敵」に加えて【新規シナリオ「黄泉の迷宮」】、【5人の新プレイアブルキャラクター】といった追加要素を収録、更に前作発売後にユーザーから寄せられた意見を受けて、バトルスピードの高速化やレベルの上限解放などプレイアビリティを徹底的に改善、圧倒的なやり込み要素を加えた「タクティクスRPG」の決定版となっています。

DL専用タイトル

NSインナースペース

s_20180610-1

重力が逆転した不思議な世界「インバース」を探索して、あちこちにある遺跡から貴重な遺物を回収するアドベンチャーゲーム。価格は2,600円。

NSLanota

絵本の世界をモチーフにした新感覚リズムゲーム。

原因不明の異変により色と音を失ってしまった世界が舞台。プレイヤーは主人公となり音楽ゲームによる「調律」を用いて各地の生気を取り戻す旅に出る事となります。
円盤の中心から出現するノーツをタイミングよくタップし、 タップ、ホールド、スライドを駆使し、完璧なハーモニーを奏でよう!価格は1,500円。

PS4吾妻邸くわいだん

s_20180610-2

3Dアクションと、ポイントクリックアドベンチャーを融合させたアクションアドベンチャー。

爽快感ばかりが追い求められる昨今のアクションゲームの風潮に対し、“緊張感を味わう事”を重視した独特のゲームスタイルを特徴としているとの事。

s_20180610-3

初代PSを思わせるレトロポリゴン調なグラフィック、公式サイトも2000年代のようなWebデザインになっていたりなど、あえて「昔ながら」な作りを徹底しているという事が伝わってきますね。価格は3,240円。

まとめ

s_20180610-5

ととねこ
「グランクレスト戦記」の開発はSAOホロウシリーズなどを手掛けたアクリア。中々凝った作りのゲームとなっていそうで注目ですね。
くろねこ
シミュレーションRPG好きにはやり込み要素がたっぷり追加され、遊びやすさも格段に向上した「GOD WARS 日本神話大戦」がオススメ!
スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする