ウィッチャー3のミニゲーム『グウェント』のスタンドアロン版基本無料ゲーの日本語版『グウェント ウィッチャーカードゲーム』がPS4、Xbox One,PC向けに配信決定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

s_20170517-5

ウィッチャー3 ワイルドハント“で遊ぶことが出来るカードゲーム「グウェント」のスタンドアロン版として開発された日本語版「グウェント ウィッチャーカードゲーム」がPS4・Xbox One・PC向けに配信されることが決定しました。

スポンサーリンク

グウェント ウィッチャーカードゲーム

本作はアイテム課金型の基本無料ゲームです。

グウェントとは?

グウェントはRPG『ウィッチャー3 ワイルドハント(The Witcher 3 Wild Hunt)』内で登場するカードゲームです。

s_20170517-1

本作はこのミニゲームのスタンドアロン版として登場する、基本無料プレイのデジタル対戦カードゲームとなります。

ルール

戦場

戦場は近接・間接・攻城という3つのラインで構成され、プレイヤーは各ラインにカードを配置していきます。

カードには”戦力値“と呼ばれるポイントが設定されており、お互いのプレイヤーがパスした段階でこのポイントが高い方がそのラウンドの勝利者となります。

3ラウンド制

ラウンドは最大3回まで行われて、2ラウンド先取したプレイヤーの勝利となります。
手札や捨て札はラウンドを引き継ぐルールなので、戦力温存のためにあえて1ラウンド捨てても良いし、次のラウンドを有利に戦うために相手にカードを消耗させるようなプレイスタイルをとることも重要です。

多種多様なカード

s_20170517-2

ユニットには単に戦力値が高いものや特殊能力を持つもの、強力な”英雄カード”、自分や相手の陣地に影響を与える”呪文カード”などが存在します。
どの場面でどのカードを出すかによって戦況は大きく変化します。

デッキ構築

s_20170517-3

グウェントのカードは「ニルフガード」、「スケリッジ」、「モンスター」、「北方諸国」、「スコイア=テル」という5つの勢力に分かれており、デッキを組む際にはこの勢力を選ぶ必要があります。
選択した「勢力」カードと、どの勢力にも属していない「中立」カードで自分だけのデッキを作りましょう。

ゲームモード

オンラインによる対戦プレイはもちろんの事、「ウィッチャー3 ワイルドハント」開発チームによるシングルプレイキャンペーンモードも用意されています。
マップ上を自由に動き回り探索することが可能。シナリオはエピソード形式での配信が予定されておりストーリーの分岐要素も搭載している模様。


日本国内でもPS4、Xbox One、PCにてパブリックベータが実施されることが告知されています。

ととねこ
元はシングルプレイのカードゲームだったのですが、マルチプレイ対戦ゲームとなったことによりカードのバランス調整が行われ、競技性が高められています。
くろねこ
ウィッチャー3の時のようにとりあえず諜報員を出せば良い、というバランスではなくなっています。
ととねこ
配信開始が待ち遠しいですね。
スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする